SHARING

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消

みなさんこんにちは。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、テレワークの導入を急ぐ企業が多くなっています。
とはいえ、テレワーク用のノートPCやサテライトオフィスの確保には時間と費用がかかるため、とりあえず自宅で仕事をする“在宅勤務”の人が多いのではないでしょうか。

在宅勤務のメリットとして、「満員電車に乗らなくていい」「好きな環境でマイペースに作業できる」「出勤退勤に割くはずの時間を有効に使える」というものが挙げられ、いい面がたくさんあるように思われます。

しかしながら、環境が万全とは言えないまま急に始まったテレワーク。
巷では“コロナ疲れ”という言葉を聞くほど、オフィスワーカーは疲弊しきっています。
私自身も自宅での仕事に対して、「気を紛らわせるものはすべてなくなったのに仕事だけはある」と気持ちがふさぎ込むことがあります。

そこで今回は、すこしでもコロナ疲れを引き起こさないよう、気分を変えてお仕事に臨める方法「レンタルスペースでテレワーク」を紹介していきます。

在宅勤務における“コロナ疲れ”の声

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

メリットが多そうな在宅勤務。
しかしながら、在宅勤務における“コロナ疲れ”の声を多く聞くことからデメリットが浮き彫りになってきました。

 

①家族と同居している場合、気を遣う・集中できない。逆に家族側の立場からのストレスもある。例えば、普段なら日中は家にいないはずの夫や娘・息子が家にずっといるので気疲れする、など。

②基本的に一日中自宅・自宅周辺にいるため、飽きる。メリハリがつけづらいためダラダラもしてしまう。

③気分転換がうまくできないと“コロナ疲れ”が加速。気分が落ち込む、塞ぎ込む。

 

思い当たる人は多いのではないでしょうか。
私の周りにも上記のようなことで悩んでいる方がたくさんいます。
とはいえ、これらすべてを家で解決するのは困難です。

自分の仕事を優先させると、家族に迷惑が掛かってしまいますし、だからといって仕事をしないわけにもいきませんよね。
それではどうしたらよいのでしょうか。

コロナ疲れを回避するには?サテライトオフィスとしてのレンタルスペース活用のすすめ

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

どうしても人はひとつのところにとどまっているとだらけてしまいがちですし、それがリラックスするための家ともなると余計にそうでしょう。
逆に、プライベート空間と仕事場が混同されることにより仕事が終わってもリラックスできず、疲れが取れにくいという方もいるかもしれません。

そこで、我々タイムシェアリングから提案したいのが
“レンタルスペースでテレワーク”


テレワーク用のサテライトオフィスとしてレンタルスペースを活用していただきたいのです。

レンタルスペースでテレワークをおこなうメリットとして、

・駅からのアクセスの良さ
・通信環境が整っている
・時間貸し&自宅から離れた環境ということでメリハリがつけやすい

という点があります。
移動するだけでも気分転換できますし(三密は避けて移動しましょう)、自宅とは別の場所で仕事をすると気分があがります。
また、自宅と働くスペースが分かれることで家族のストレスも軽減され、気分も落ち込まずに済みそうです。

レンタルスペースは時間貸しのため、在宅勤務をしているとついやってしまいがちな「だらだらと長く仕事をしてしまう」という懸念もありません。
メリハリをつけて勤務ができるので、成果もあげやすくなるはずです。

テレワークにおすすめのレンタルスペース1. TIME SHARING 渋谷宮益坂2C

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

モダンな内装はまるでカフェ!TIME SHARING 渋谷宮益坂2Cは、おしゃれでリーズナブルな貸し会議室です。


JR渋谷駅から徒歩4分と駅チカのレンタルスペースなので移動に手間がかかりません。
アクセスは渋谷宮益坂上に位置しているのでわかりやすく、渋谷に慣れていない人も集まりやすい立地です。

スクール形式で24名・ハイチェア込みで30名まで着席可能です。
広すぎず狭すぎないので、居心地の良さを感じます。

ホワイトボード、プロジェクター、Wi-Fi環境も無料で使用可能なので、テレワークの場所としてぴったりですね。

テレワークにおすすめのレンタルスペース2. TIME SHARING Biz 赤坂

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

赤坂駅より徒歩2分という集まりやすい立地にあるTIME SHARING Biz 赤坂
中は清潔感を感じる白のデスクとチェアが並び、ダークグレーの床でシックにまとめられています。

写真を見てもらうとわかる通り「これぞまさに貸し会議室!」というつくりになっていて、スクール形式で43名まで着席可能です。
しっかり広さがあり、大人数で使っても窮屈さを感じさせないため、複数人で利用する場合でも距離を空けて仕事することが可能です。
机の移動もOKなので、お好きなようにレイアウトしてみてください。

ホワイトボード、プロジェクター、Wi-Fi環境も無料で使用可能。
そして、TIME SHARING Biz 赤坂のキーロックはナンバリング方式なのでセキュリティもばっちり◎

テレワークの場所としてはもちろん、会議やセミナー、研修、面接等の利用にもうってつけです。

テレワークにおすすめのレンタルスペース3. TIME SHARING新宿6A

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

2020年3月にオープンしたばかりのTIME SHARING新宿6A
新宿エリアという集まりやすい場所にあるのが特徴。

・東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」E2出口より徒歩3分
・JR線「新宿駅」東口より徒歩6分
・西部新宿線「西部新宿駅」北口より徒歩6分
・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A1出口より徒歩8分

の4駅からアクセス可能という便利さ!

スクール形式で26名まで着席可能。
ホワイトボード、プロジェクター、Wi-Fiが無料でご利用いただけますのでテレワークにもってこいですね。

在宅勤務に飽きたら。レンタルスペースでテレワーク

 続く在宅勤務…テレワークにおける“コロナ疲れ”はレンタルスペースで解消|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

タイムシェアリングは、テレワーク用のサテライトオフィスとして活用できるレンタルスペースを多く扱っています。

緊急事態宣言により、不要不急の外出や人混みを避けるよう要請が強まりましたが、三密を避ける・少人数・マスク着用を徹底すれば複数人でもご利用いただけます。
また、各スペースにはお手洗いもあるので、手洗いうがいもしていただけます。

いつ収束するのか不明瞭な新型コロナウイルスの影響。疲弊してしまう環境下でありますが、そんな最中でも気持ちを切り替え、今自分にできる対策をしながらテレワークをおこなってみましょう。
タイムシェアリングにお手伝いできることがあれば、お気軽にご相談ください。

 

↓各スペースへのお問い合わせはこちらから↓

 

◆TIME SHARING 渋谷宮益坂2C
https://time-sharing.jp/detail/10087

◆TIME SHARING Biz 赤坂
https://time-sharing.jp/detail/10088

◆TIME SHARING新宿6A
https://time-sharing.jp/detail/10104

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

執筆:仲野識(なかの しき)

この記事で紹介したスペース

TIME SHARING 渋谷宮益坂2C(タイムシェアリング)

TIME SHARING Biz 赤坂(タイムシェアリング ビス)【旧みんなの会議室】

TIME SHARING新宿6A【2020年3月OPEN】

関連キーワード
#テレワーク #サテライトオフィス #スペース #貸し会議室
あわせて読む
2020,05,08

アフターコロナ、働き方は大きく変わる?テレワークに最適な環境について

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛要請により、自宅で仕事をしている人は少なくないでしょう。テレワークをするにあたり、気づいた点や困った点も出てきているのではないでしょうか。今回は、テレワークとは何かを改めて解説しつつ、テレワークに適した場所について紹介していきたいと思います。
2020,05,12

テレワークに最適な環境とは?5つの“場所”について徹底比較

近年、働き方改革によりサテライトオフィスやテレワークといった環境や働き方に高い注目が集まるようになりました。コロナウイルスの影響で、急遽テレワークを導入した企業も少なくないでしょう。今回はテレワークにおいて非常に重要な「働く場所」について、場所の例を挙げつつメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。