SHARING

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選

みなさんこんにちは。

新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今。
全国の小中高は臨時休校、大規模なイベント等は自粛・延期などなど、感染症の蔓延を防止するべく各自治体・企業が多くの対策を実施しています。

毎年恒例「東京ガールズコレクション」も例に漏れず、感染拡大防止の対策として無観客の中でショーが行われました。その様子はLINE LIVEを通じ、東京ガールズコレクションを観に行くことを心待ちにしていたファンたちへ届けられました。あたたかな配慮ですよね。

また、予防対策として時差出勤やテレワークを一時的に義務付ける企業・団体も出てきましたね。

その、最近よく耳にする“テレワーク”というワード。
そもそもテレワークとはどのような働き方を指すのでしょうか。

そこで今回はテレワークについて解説していきます。
合わせて、レンタルスペースをテレワークに適したサテライトオフィスとして活用する方法もお伝えしたいと思います。

コロナに関わらずもともとテレワークをしていたという方も、急遽テレワークが命じられたという方も、ぜひ本記事を参考にしていただきテレワークに最適な場所を見つけてみてください。

そもそもテレワークとは?

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

テレワークとは、
「tele=離れた場所」「work=働く」を合わせた造語で、
時間や場所にとらわれない柔軟な働き方のことを指します。

合わせてよく耳にするようになった“リモートワーク”。
リモート(Remote)も「遠隔」を意味するので、リモートワークとテレワークとの間に差はほぼないと言えます。
IT業界ではよく使われる用語だそうです。

一般社団法人テレワーク協会によると、テレワークの種類は大きく分けて3つ。

・従業員が自宅で仕事を行う「在宅勤務」

・取引先のオフィスや移動途中の駅やカフェなどで仕事を行う「モバイルワーク」

・サテライトオフィスやコワーキングスペース、
自社で整備した専用施設などで仕事を行う「サードプレイスオフィス勤務」

東京オリンピック期間へ向け、働き方改革の一環としてすでに導入を進めてきたという企業も少なくないでしょう。
次の章ではテレワークのメリット・デメリットについてお話ししていきます。

テレワークにおけるメリット・デメリット

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

時間や場所にとらわれない自由な働き方であるテレワーク。
導入することは従業員にとって大きなメリットをもたらします。

主なメリットとして、

・満員電車通勤からの解放

・ストレス軽減や移動時間の削減

・生活の質の向上や生産性向上

などが挙げられます。

一方で、「仕事のON/OFFが切り替えづらい」「長時間労働になりやすい」といったデメリットの声も…。

実際に私もテレワーカーですが、スケジュール管理を自分で行わなければならないため、日中に用事が入ってしまうと深夜まで仕事をすることになったり、だらけてしまったりということがしばしばあります。

仕事をする環境が整っていない場合、よほど意識を強く持たない限り、
自宅でテレワークを行うことに高いハードルを感じてしまうかもしれません。

テレワークをする上で重要な“環境”

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

「自宅でのテレワークだと集中できない」

「ON/OFFのメリハリをつけたい」

実際にテレワークを始めた人からそんな意見が聞こえてきます。
意識・やる気は仕事において必要不可欠ですが、
“環境”がモチベーションへ与える影響も少なくないでしょう。

しかしながら、「外出自粛要請が出ているから人の多いカフェは避けたい」「自社でサテライトオフィスを持っていない」などの理由により自宅でテレワークをするしかない…と思う人も多いのでは?

そこで提案したいのがレンタルスペースです。
用途としては会議や懇親会利用が多いですが、「wi-fiを使用できる」「オフィス感があるため集中できる」などの理由からテレワークには最適な場所として注目を集めているのです。

レンタルスペース検索サイトのTIME SHARING(タイムシェアリング)では、
サテライトオフィスとして優秀なレンタルスペースを多数掲載。
立地・広さ・雰囲気から好みのスペースを探すことができます。

今回はその中でもテレワークに最適な3つのレンタルスペースを紹介していきたいと思います。

テレワークに最適なレンタルスペース1. TIME SHARING Biz 渋谷宮益坂2A

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

まずは、IT企業やベンチャー企業が多く集う渋谷エリアのレンタルスペースから。

渋谷駅より徒歩4分のTIME SHARING Biz 渋谷宮益坂2A
宮益坂をまっすぐ進んだ先にあるので、とてもわかりやすいのがポイント◎

広さは着席で24名程度。
狭すぎず広すぎず、テレワークをするにはちょうどいいレンタルスペースです。

オフィス感はありつつも古臭くなく、ちょっとおしゃれなので気分も高まるかも?

<スペース詳細>
TIME SHARING Biz 渋谷宮益坂2A
東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル2階
最寄:JR線「渋谷駅」ハチ公改札渋谷宮益坂口より徒歩4分
料金:4,000円/1時間

テレワークに最適なレンタルスペース2. TIME SHARING新宿6D

・東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」E2出口より徒歩3分

・JR線「新宿駅」東口より徒歩6分

・西部新宿線「西部新宿駅」北口より徒歩6分

・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A1出口より徒歩8分

と、4駅からアクセスできるレンタルスペースTIME SHARING新宿6D
こちらは2020年3月にオープンしたばかりなので内装がとってもキレイ。
しかも、同ビルには6Dを含め、なんと7つのレンタルスペースが…!

6Dはその中で一番コンパクトで、着席12名までという広さです。
こちらのスペースも広すぎず狭すぎず、テレワークには最適な空間ですね◎

6/30までの期間限定で、通常だと1時間3,000円のところが1,000円で利用できちゃいます。トライしてみてはいかがでしょう?

<スペース詳細>
TIME SHARING新宿6D
東京都新宿区歌舞伎町1-1-15 東信同和ビル6F
最寄:東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」E2出口より徒歩3分
料金:1,000円/1時間(6/30までの利用限定)

テレワークに最適なレンタルスペース3. TIME SHARING五反田Ⅱ

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

ベンチャーやスタートアップ企業が多く集まる街・五反田。
目黒川沿いを渓谷と見立て、シリコンバレーならぬ“五反田バレー”と呼ばれるエリアに位置するのがTIME SHARING五反田Ⅱです。
2019年8月にオープンした都市型商業施設「FUNDES五反田」の9Fに居を構えています。

会議・セミナー・懇親会などで多く役立ててほしいという思いからできたこちらのスペースですが、サテライトオフィスとしてもとても優秀なのです。

こちらもTIME SHARING新宿6Dと同様に特別価格実施中!
通常1時間10,000円のところ期間限定4,000円でご利用いただけます。
半額以下!これは使ってみるしかないですね。

<スペース詳細>
TIME SHARING五反田Ⅱ
東京都品川区西五反田1丁目2-8 FUNDES五反田9階
最寄:JR山手線「五反田駅」西口より徒歩1分
料金:4,000円/1時間(6/30までの利用限定)

働き方改革への意識。レンタルスペースとテレワークの関係性

 最適な環境で効率UP!テレワークにおすすめのレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

新型コロナウイルス感染拡大防止へ向け、今後どのような対策が取られるか分からない不安な状況ではありますが、今自分たちにできることを冷静に行っていくことが大切だと身にしみて感じています。

ピンチはチャンス。
もともとテレワークを行なっていた方も、急遽テレワークをせざるを得なくなったという方も、
これらをいい機会ととらえ、自分が最も効率的に仕事ができる方法を模索してみてはいかがでしょうか。

環境が整った場所で仕事ができる、仕事とプライベートのON/OFFがつけやすくなる、などという点において、レンタルスペースはテレワークをするにあたって最適な場所と言えます。

効率アップのためにも、好みの“仕事場”を見つけてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

執筆:仲野識(なかの しき)
編集:SHARING編集部

この記事で紹介したスペース

TIME SHARING Biz 渋谷宮益坂2A(タイムシェアリング ビス)【旧みんなの会議室】

TIME SHARING新宿6D【2020年3月OPEN】

TIME SHARING五反田Ⅱ(タイムシェアリング)

関連キーワード
#テレワーク #サテライトオフィス #スペース #貸し会議室
あわせて読む
2020,04,23

テレワークが当たり前になる未来。私たちの働き方は今後どう変わっていく?

新型コロナウイルスの影響により、急速な推進が進められているテレワーク。導入する企業は増え、認知度も日増しに高まっているようです。そこで今回は、これからますます変わっていく私たちの働き方にフォーカスを当てます。そもそもなぜ導入する必要があるのか、導入によってどんな効果が得られるのか、その有用性を紹介します。
2020,05,12

テレワークに最適な環境とは?5つの“場所”について徹底比較

近年、働き方改革によりサテライトオフィスやテレワークといった環境や働き方に高い注目が集まるようになりました。コロナウイルスの影響で、急遽テレワークを導入した企業も少なくないでしょう。今回はテレワークにおいて非常に重要な「働く場所」について、場所の例を挙げつつメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。
2020,05,13

テレワークあるある!テレワーク中ついやってしまう5つの悩み

コロナの影響で急遽始まった方も多いテレワーク。メリットを多く感じる反面、いざ始めてみると思わぬデメリットが浮かびあがってきているようです。これを機に働き方も変わってきそうな気がしますね。今回は、そんなテレワークあるあるに関する悩みを解決していきます。テレワークがうまくいかない!という方は、この記事を参考にしてみてください。