SHARING

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選

みなさんこんにちは!

 

新型コロナウイルスの影響により「第102回全国高等学校野球選手権大会」と地方大会が中止になったことを受け、沖縄県と長崎県の高野連が独自の大会開催を決めました。千葉県も独自大会を8月に開催すると発表しています。
高校球児にとって最大の夢である甲子園の中止は本当に残念なことですが、このような救済措置が取られるのは喜ばしいことですよね。

 

コロナがきっかけでわたしたちの日常は一変しました。
緊急事態宣言は解除されましたが、コロナが終息したわけではありません。
これからはコロナ共生時代。
政府が5月4日に発表した「新しい生活様式」に則り、引き続き感染防止に取り組みながら生活していくことが重要となります。

 

今回は「新しい生活様式」とその取り組みのひとつであるリモートワークに焦点を当てていきます。
また、合わせてリモートワークとレンタルスペースの親和性についてもお話していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

新しい生活様式とは?

厚労省は4日、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ、
感染症対策に基づいた「新しい生活様式」の実践例を示しました。

 

その内容とは、

 

*人との間隔は、できるだけ2メートル(最低1メートル)空ける

*遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ

*会話をする際は、可能な限り真正面を避ける

*外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスク着用

*家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる

*手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧におこなう(手指消毒薬の使用も可)

etc…

 

コロナ共生時代、感染症拡大を防止しながら生きていくため、一人ひとりや団体ができることについて示されています。

 

働き方における新しい生活様式

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

新しい生活様式には、ライフスタイルだけでなく、働き方やその環境についての実践例も盛り込まれています。

 

*時差出勤

*web会議の推奨

*ソーシャルディスタンスの確保

*リモートワーク

 

など、外出自粛要請伴うリモートワークや時差出勤が引き続き推奨され、
さらに、オフィス勤務の場合にはソーシャルディスタンス(1.8m〜2m)を確保した座席配置をするよう提示されています。

 

レンタルスペースをサテライトオフィスに。“仕事場”の提案

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

浸透中のリモートワーク。
働き方における新しい生活様式にも取り入れられ、導入する企業はますます増えそうです。

 

リモートワークは仕事場を選べることもメリットの一つです。
自宅でのリモートワーク、新鮮さを感じつつもメリハリが付けづらく、ついつい気が緩んでしまうという人もいらっしゃるでしょう。

 

そこで提案したいのが、レンタルスペースを“仕事場”として活用するという方法。
オフィスが狭い場合に利用することで、ソーシャルディスタンスの確保にもつながりますし、簡単に予約できるので、サテライトオフィスを契約する時に必要な手続き等が一切ないのもメリットです。
各地のレンタルスペースを利用することで、通勤時のストレスを軽減できるのも嬉しいポイント◎
セキュリティ面や三密を避けるという点からもレンタルスペースの人気が高まっています。

 

レンタルスペース検索サイトのTIME SHARING(タイムシェアリング)では、
リモートワークに活用できるスペースを多数掲載。
今回は、新宿・渋谷エリアの期間限定で値下げ中のレンタルスペースを3つ紹介していきます。
どれも一人〜少人数でリモートワークするのにぴったりのスペースです。
個人のお客様も法人のお客様も要チェックです!

 

リモートワークにおすすめ① TIME SHARING西新宿

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

スクール形式で18名収容できるレンタルスペースTIME SHARING西新宿。
今回紹介する4つの中では最も大きなスペースとなっています。
新宿駅西口より徒歩5分という集まりやすい立地にあるので、交通のアクセスもいいですね。

 

wi-fiはもちろん無料でご利用いただけます。
スクリーンやホワイトボードもあるので、例えば午前中は何名かで個人ワークを行い、午後になったらミーティングを行うなどの使い方もできます。
プロジェクターとPCをつないで大画面での遠隔ミーティングも可能です。

 

<スペース詳細>
TIME SHARING西新宿
住所:〒160- 0023 東京都新宿区西新宿1丁目13番7号 大和家ビル5階
最寄:JR線「新宿駅 」西口より徒歩5分
料金:通常1時間5,000円 → 1,000円 ※6/30までの期間限定。

 

リモートワークにおすすめ② TIME SHARING新宿6D

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

TIME SHARING新宿6Dは、2020年3月にオープンしたばかりの新しいレンタルスペース。赤と白でまとめられた家具とライトグレーの床の組み合わせがポップな印象のスペースです。

 

同ビル内にはTIME SHARINGシリーズのレンタルスペースがほかに6つあり、その中でこちらのTIME SHARING新宿6Dが最もコンパクト。

 

いつもとは違った雰囲気の中でひとりで仕事がしたい人にも、明るくフランクな雰囲気の中で作業がしたい人にもおすすめのレンタルスペースです。

 

<スペース詳細>
TIME SHARING新宿6D
住所:〒160- 0021 東京都新宿区歌舞伎町1-1-15 東信同和ビル6F
最寄:東京メトロ丸ノ内線「新宿三丁目駅」E2出口より徒歩3分
料金:通常1時間3,000円 → 1,000円 ※6/30までの期間限定。

 

リモートワークにおすすめ③ TIME SHARING渋谷宇田川町

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

続いては、渋谷エリアでおすすめのレンタルスペースTIME SHARING渋谷宇田川町をご紹介します。

 

TIME SHARING渋谷宇田川町は渋谷駅より徒歩5分、センター街のど真ん中という好立地にあります。
スライド式のドアがあり、空間を3つに区切ることも可能◎
用途によって分けたりひとつの空間にしたりと自由自在!

 

チェア+デスクなら43名まで収容できるほど広いので、ソーシャルディスタンスが確保しやすいのもメリットといえるでしょう。

 

<スペース詳細>
TIME SHARING渋谷宇田川町
住所:〒150- 0042 東京都渋谷区宇田川町17-2 渋谷伸工ビル4F
最寄:JR山手線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩5分
料金:通常1時間12,000円 → 4,000円 ※6/30までの期間限定。

 

新しい生活様式。取り入れるならレンタルスペース

 はじまる、新しい生活様式。リモートワークに適したレンタルスペース3選|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

いかがでしたでしょうか?
新しい生活様式を踏まえたリモートワークという働き方。
それにぜひ活用していただきたいレンタルスペースをご紹介しました。

 

「新しい生活様式は事態の深刻さと長期化を皆が自覚し、人間らしさを失わないように、感染を防ぐための約束事と捉えたい」という福島民報の言葉に、わたしは非常に強く感銘を受けました。

 

国民一丸となって新しい生活様式を実践していく必要があると感じます。
オフィスでのスペース確保が難しい場合には、レンタルスペースという選択肢を思い出してください。
また、自宅での仕事が捗らないというテレワーク難民の方やいつもとは違う環境で仕事がしたいという方も、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

執筆:仲野識(なかの しき)

 

*レンタルスペース検索サイト*
TIME SHARING(タイムシェアリング)

 

この記事で紹介したスペース

TIME SHARING西新宿(タイムシェアリング)

TIME SHARING新宿6D【2020年3月OPEN】

TIME SHARING 渋谷伸工ビル 4F(タイムシェアリング)

関連キーワード
#テレワーク #サテライトオフィス #スペース #貸し会議室
あわせて読む
2020,05,27

広がるリモートワーク。注目の“ワークライフバランス”

緊急事態宣言の解除に伴い、新型コロナウイルス感染予防に向け企業が今後取り組むべき対策のガイドラインが公表されましたね。感染防止策として、リモートワーク・休業など、感染予防に取り組んできた企業も多いでしょう。今回は、そんな変化における働き方とワークライフバランスにフォーカスを当てていきます。
2020,05,25

ソーシャルディスタンス確保できていますか?レンタルスペース利用時における3つのコロナ対策

コロナ感染拡大防止のための三密の回避やソーシャルディスタンスの確保は、緊急事態宣言解除後も継続されていく模様です。イートインの再開へ向け、内装をチェンジする店舗も多数見られ、企業にもそのような措置をとるところが多くなる見込みです。そこで今回は、緊急事態宣言解除後、引き続きするべきコロナ対策について紹介していきます。
2020,05,19

リモートワーク浸透中。コロナ収束後、働き方改革は大きく前進するか?

コロナ禍が収束しても引き続きリモートワーク中心に働きたいと考えるビジネスパーソンが4割に達することが、日経BizGateのアンケートで明らかになりました。課題を解消し環境を整備していけば快適にテレワークができるだろうと、期待が高まっているようです。今回のコロナ禍は従来の 日本の働き方を大きく変えそうです。