SHARING

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ

みなさんこんにちは。
暑い日が続き、すでに冷房ガンガンのSHARING編集部Mです。

 

6/1より全国的に緊急事態宣言が解除されましたが、東京都では感染者数が10人以上になる日が続いていますね。
東京都は2日夜、新型コロナウイルス感染拡大に警戒を呼びかけるため「東京アラート」を初めて出しました。
事業者の方々に対し、小池都知事は「細心の注意を払いつつ事業を継続してほしい」と思いをあらわにしました。

 

withコロナを考慮し提言された「新しい生活様式」。
オフィス内でのソーシャルディスタンスの確保やリモートワーク推奨など、すでにその内容に沿って働き方やオフィスのあり方を変え始めている企業もあるのでは?

 

大きな変化が予想される今後のオフィスのあり方。
変わりつつある傾向に合わせ、レンタルスペースを運営するTIME SHARING(タイムシェアリング)はこのたび、1ヶ月単位でスペースをレンタルできるという新たなサービスを開始しました!

 

浸透するリモートワーク、変わるオフィスのあり方

コロナがきっかけで広がったリモートワーク。
オフィスへの出社が当たり前とされていた従来の働き方ですが、それらの見直しを考える企業が今多く見受けられます。

 

長年解決されてこなかった東京一極集中や満員電車問題など、さらなるリモートワークの普及で解消されていくかもしれないですね。

 

また、働き方の変化に伴い、オフィスも変わろうとしています。

 

  • リモートワークでの業務が可能
  • 業務効率が出社時と変わらない
  • ワークライフバランスが向上した

 

などが証明された企業の中には、オフィスの縮小やオフィスの撤去を考えるところもあるようです。

 

ペーパーレスの徹底やオンライン上で全て完結させる業務へと移行していけば不可能ではないですよね。
時々集まれるようなスペースさえ確保できれば、オフィス不要の選択肢もあり得ると言えます。

 

1ヶ月単位のオフィス?マンスリーで借りられるレンタルスペース

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

*写真はTIME SHARING渋谷宇田川町

 

見直され始めた働き方、オフィスのあり方。
そんな傾向に合わせ、レンタルスペースを運営するわたしたちTIME SHARING(タイムシェアリング)では新たなサービスを展開することにしました。

 

<1ヶ月単位でオフィスをレンタルできる新サービス>
https://time-sharing.jp/lp/remote-office

 

ついに誕生!って感じです。
時間貸しが基本のレンタルスペースですが、コロナがきっかけでオフィスを縮小・解消した法人様やスタートアップを図りたいという事業者様のニーズに応えるべく、どどんっと1ヶ月単位で貸しちゃいますよ!というサービスです。

 

そんな新サービス、どのような場合に役立つのかおすすめポイントを4つ紹介していきます。

 

マンスリーレンタルスペースおすすめポイント①

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

それではまず、おすすめポイント①から。

 

マンスリーで借りられるレンタルスペースであれば、オフィス契約時に通常かかってくる初期費用や水光熱費・通信費などが一切ありません。
もちろん机や椅子は完備されているので自身で家具を用意する必要がなく、もともと備えてあるプロジェクターやスクリーン、ホワイトボード等の備品もお使いいただけます。

 

そのため、起業時の事務所として活用するのにもってこいなのです。

 

スタートアップは何かとお金がかかるもの。
マンスリーのレンタルスペースであれば、スタートアップにかかるオフィスコストを大幅に削減できちゃうというわけです。

 

マンスリーレンタルスペースおすすめポイント②

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

withコロナと言われている昨今。
感染症対策を徹底しつつ日々の生活を営むため、「新しい生活様式」なるものが提言されましたよね。

 

その中に、オフィス業務をおこなう際もソーシャルディスタンスを確保すること、広々とした空間で仕事すること、などが盛り込まれています。
しかしながら、ソーシャルディスタンスは1.8m〜2mの間隔を開けなければならないため、「オフィス狭くない?」と思われる方もいらっしゃるはず。

 

コロナ対策を取るためのオフィス分散化
マンスリーのレンタルスペースはそのような用途としても大活躍できるのです。

 

いくらマスクを付けているとは言え、従来のオフィス勤務に不安を覚えるワーカーもいらっしゃるかと思います。
そんな従業員の不安は、オフィス分散化で拭ってあげてはいかがでしょう?

 

マンスリーレンタルスペースおすすめポイント③

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

*写真はAkasaka Zen Space

 

3つ目のおすすめポイント。
それは、短期間だけ使いたい場合に活用できるということです。

 

例えば、期間限定のプロジェクトを立ち上げた際や、新入社員の研修をする際など。
1ヶ月単位で借りられるレンタルスペースは、短期間だけ使いたいというそんな場合にも役立ちます。

 

「空いている部屋がない」「短期間とはいえ、会議室の占領は他部署に申し訳ない」など、オフィスあるあるとして挙げられますよね。
マンスリーのレンタルスペースなら自分たちだけでのびのび使えて、それらの困ったオフィスあるあるの解消にもつながります。

 

マンスリーレンタルスペースおすすめポイント④

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

マンスリーで借りられるレンタルスペース、4つ目のおすすめポイントはサテライトオフィスとして活用できるという点です。

 

コロナをきっかけに、リモートワークを積極的に取り入れようとする企業は今後も増えていくと思われます。
また、「コロナが収束してもリモートワークを引き続き取り入れてほしい」という企業従事者は多いはず。(ちなみにわたしも)

 

プラットフォーム事業やライブ制作事業を手がける渋谷の株式会社SKIYAKIがリモートワークについての社内アンケートを取ったところ、「継続したい」「今後も一部取り上げていきたい」という声が9割以上を占めました。
そのニーズに応え、今後はリモートワーク&オフィスワークによるハイブリッド体制へ移行するようです。
(参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000582.000017372.html

 

リモートワークの拡充で、従業員にサテライトオフィスを用意したいと考える企業も出てくると考えられます。
初期費用0円のマンスリーレンタルスペースなら、その一歩が踏み出しやすいですね。

 

マンスリーで借りられるレンタルスペースまとめ

 1ヶ月単位OK!マンスリーで借りられるレンタルスペースのすすめ|TIME SHARING|タイムシェアリング |スペースマネジメント|あどばる|adval|SHARING

*写真はTIME SHARING五反田Ⅱ

 

いかがでしたでしょうか。
1ヶ月単位で借りられるレンタルスペースの新サービスについて、4つのおすすめポイントを紹介してきました。

 

withコロナの時代は変化が多く、今後も何が起きるか予測が難しいとされています。
そんなニュー・ノーマル、「変化に順応できる企業が生き残れる」なんて言われていますよね。
固定概念を取っ払い、従来型の働き方やオフィスのあり方を見つめ直すチャンス。

 

自由度の高いレンタルスペース。
“オフィス”として当たり前に活用する時代が来ているかも…?

 

↓お問い合わせはこちらから↓

*1ヶ月単位で借りられるレンタルスペース
https://time-sharing.jp/lp/remote-office

*時間・日・週単位ももちろんOK!
https://time-sharing.jp

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

執筆:SHARING編集部

 

この記事で紹介したスペース

TIME SHARING 渋谷伸工ビル 4F(タイムシェアリング)

Akasaka Zen Space

TIME SHARING五反田Ⅱ(タイムシェアリング)

関連キーワード
#サテライトオフィス #テレワーク #スペース
あわせて読む
2020,05,29

コストから見る、テレワーク改革がもたらす企業へのメリット

働き方の変革を目指す中、コスト削減は常に目を向けなくてはならない課題の一つです。テレワーク改革はコスト削減も期待できると言いますが、実際にどのようなコストをどのように削減していけばよいのか気になる人も多いのではないでしょうか。今回は、テレワーク導入による企業へのメリット、特にコストへ焦点を当てお話ししていきます。
2020,06,01

withコロナ時代。企業がニュー・ノーマルを生き抜くためには?

コロナと共生していくことが前提の「withコロナ時代」。人は以前のように自由に移動することはなくなり、他の人との濃密な交流も控えられるようになるでしょう。コロナ共生時代のニュー・ノーマル、変化に順応できない企業は生き残れないと言われています。変化に対応していくため企業が意識すべきことについて考えていきます。
2020,05,25

ソーシャルディスタンス確保できていますか?レンタルスペース利用時における3つのコロナ対策

コロナ感染拡大防止のための三密の回避やソーシャルディスタンスの確保は、緊急事態宣言解除後も継続されていく模様です。イートインの再開へ向け、内装をチェンジする店舗も多数見られ、企業にもそのような措置をとるところが多くなる見込みです。そこで今回は、緊急事態宣言解除後、引き続きするべきコロナ対策について紹介していきます。